ブログ

結婚指輪に、手打ちされた本物のミル打ち。

今日も、こんにちは。
店長、こんにちは。はい、こんにちは!

今日は、ミル打ちのお話し。
ミル打ちは、ミルグレインなんて言わたりもしますが、ジュエリー加工の職人さん達の間じゃ ミル なんて言われています。

ミル打ち・ミルグレイン

イエローゴールドのところに入っている 小さな点のコマを ミル打ちと言います。当店のミル打ちは、熟練の職人の手によって 1コマ1コマ 手打ちされ入れていきます。最近ジュエリー業界もデジタル化が進んでまして、パソコンでデータで作って。。そ~いう技がありまして。。

ミル打ちも例外でなく、データで作ったり出来るんですが、これは俺の中では ミル打ち風 なんですけども、世の中 ミル打ち風が増えてきてまして、なんとも寂しい限りでございまする。

海外の一流と言われるブランドも
ミル打ち風だし
日本のしょぼいブランドも
見る打ち風だしね。

そのうち手打ちされた本物のミル打ちが、ミル打ち風とか意味のわかんないこと言われる時代が来るかもですね。

ミル打ちの結婚指輪・マリッジリング

ミル打ちは装飾の1つですが、このミルを入れることによって、アンティークっぽくなりますね!

これから結婚指輪を作る皆さん、手打ちのミルを入れてみませんか ?!

じゃあ~ お言葉に甘えて入れてみます。。
はい、ありがとうざいます !(^^)!

じゃあ、こちら▼も見てね!
http://goccia-jewels.com/combi044/

はい、見ます !(^^)!

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る