カゴの中を見る マイページへログイン お買い物手順 お問い合せ サイトマップ

                       サンプルリングのご請求   サンプルリングについて   マリッジリング うんちく

  臨時休業のお知らせ 9月25日(木)〜30日(火)まで諸事情によりお休みを頂きます。10月1日より通常営業致します
  
サンプルリングについて    サンプルリングのご請求は、少しでも早くお願い致します。現在混雑しています。
  オーダーメイド等について   セミオーダー詳細はこちら   フルオーダー詳細はこちら
                       現在販売中
の マリッジリング はこちらです
                         
クラシックデザインハワイアンデザインメレーダイヤ・ミル打ち 

 指輪の作り方(手作り)

                    手作り(鍛造法)での指輪の作り方 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       
 ゴッチャでの指輪の制作方法や工程等を ご紹介いたします。
             ゴッチャの丁寧な手仕事を ご覧頂くことにより、クラフトマンの熱意を感じて頂ければ
             幸いです。このページでは四角い地金から指輪にするまでの工程です。


             
            
角棒を指輪のサイズに合わせて切断し、工具で丸くして隅と隅を合わせていきます。

             
             細い糸ノコギリで、ふぞろいな合わせ目が揃うように切込んでいきます。

             
            指輪の継ぎ目を ピッタリとさせる為に、指輪をピンセットで挟み込み熱を加えます。
            すると熱を加えた金属地金は柔らかくなり、継ぎ目がピッタリと付きます。

             
            ロー材と呼ばれる溶接材を継ぎ目に流し込んでいきます。
            ロー材を必要な量だけ継ぎ目に置きます。
            【 ロー材は、銀用、金(ゴールド)用、プラチナ用とあります。また組み立て方によって
            溶解温度の違う、ロー材を使い分け組み立てていきます。


             
            バーナーの火で指輪(リング)に熱を加えて、ロー材を溶かしていきます。
            この作業を ロー付けと言います。細かい仕事になればなるほど難しくなり壊れやすくなります。
            ( ロー付けという言葉は、出来れば覚えてくださいね )

             
            継ぎ目がロー付けにより無くなりました。ロー材を指輪の外側に置くか、内側に置くかで
            作業の効率も変わってきます。


             
            継ぎ目が綺麗にロー付けされても、指輪の形がイビツで、ゆがんでいるので直します。

             
            指輪を芯がね棒という芯円の棒に入れて、ハンマー等で芯円になるまで整えていきます。
            
             
            ある程度、芯円になったら刻印を打ち込む準備をします。指輪の内側の小傷を
            リュ―ターと言う道具で取っていきます。

             
            刻印を入れる内側の部分を、へラという工具で仕上げます。刻印の文字のへこんだ
            部分は仕上げが出来なくなるので、刻印の文字のへこみ部分もなるだけ綺麗にする為です。


             
            これからハンマーで刻印を入れていきます。刻印はリングを丸くしてから入れる場合も
            ありますし、丸くする前に刻印する場合もあります。(ハンマーで打たずに、刻印機や
            手で押し付けて入れていく場合もあります。刻印の入れ方も工房によって様々です)


             
            刻印は1度で決めるのが、原則です。何度も打ち直すと2重刻印、ズレが生じるので。

             
            goccia (ゴッチャ)の刻印が指輪に入りました。
                           

             
            再度、指輪を芯がね棒に入れて、100%の芯円にします。その後、指定サイズの
            12号サイズになるように微調整します。

             
            指輪の幅を指定サイズにする為に、側面にヤスリをかけていきます。側面にヤスリを
            かける際には、両側面が平行になるように、また真平らになるようにヤスリをかけます。

             
            側面がきちっとヤスリ掛けできたら、今度は指輪の上面にヤスリを掛けていきます。
            上面はハンマーで叩いているので、結構ボコボコしているので、上面もしっかりと
            ヤスリを掛けます。

             
            上面をヤスリ掛けしたら、今度は指輪の内側と側面の丁度、角になるところを丸く
            ヤスリ掛けしていきます。この作業により指輪の着け心地 が決まり、また長時間
            指輪をしていても違和感なく過ごせる指輪になります。

             
            指輪の仕上げ工程に入ります。まずは内側から。
             リューターで(歯科医にある虫歯を削るような工具)ヤスリの跡を綺麗にしていきます。
            ここでしっかりと小傷を取るのが綺麗な仕上げのポイントとなります。小傷を残して
            しまうとこの先の工程では取れなくなります。側面、上面も掛けます。

             
            今度はリューターにフェルト状のポイントを付けて、そのフェルトに研磨剤をつけて
            磨いていきます。研磨剤も、荒いものから細かいものまであるので、荒いものから
            掛けていきます。


             
             バフと言われる研磨専用の工具を使います。まずは指輪の側面。側面は
             真平らを崩さない様に、サイドの平らなところで磨いていきます。

             
             今度は上面、内側をバフ掛けしていきます。このバフ機の左側にはフェルト状、右側には
             柔らかい布状のバフが取り付けてあります。布状のバフを最期にかけて洗浄して
             指輪の出来上がりとなります。



             
             
出来あがった指輪です。(この指輪の上面には刻印を入れています。
                             ご希望によりこういった加工も可能です。)



          ※指輪の作り方は、他にも数種類の方法があります。工房によっても作り方は様々で、
            作る職人さんによっても様々です。


              
                     
                           ゴッチャ【HOME】 ≪へ戻る